2008年05月23日

「クラシック倶楽部を楽しむ」回顧2

しばらくのご無沙汰でした。クラシックマです。

遠く離れていても、いつも意識していて自分の人生と何がしかの関わりを感じているというような人、たとえば、両親、兄弟、恋人、親友、恩師などは誰にでもいるのではないかと思います。

私、クラシックマにも遠く離れてはいるけれど、いつも身近に感じていた大切な人がおりましたが、何の前兆もなく突然亡くなってしまいました。

常に前向きで積極的な人で、若い時に大学へ行けなかったと言って、放送大学で学び卒業を果たし、書道を始めれば師範にまで昇りつめ、近所の小中学生のために書道教室を開き、地域に根付いた活動をするという行動派でした。

葬儀に参列しましたが、泣きながら遺影に向かって掌を合わせている小中学生の姿を見て、改めて人は死んだ後に生前の生きざまを明らかにするものなのだと、深い感慨に陥ってしまいました。

遠くにいたため、時々電話で元気な声を聞くくらいで、もっと話をしておきたかったという悔恨の念に駆られています。

この十日ばかりは、とても悲しくて放心状態だったため、音楽は聴くのですがそれを文章にするという気力がなかったのです。

でも、私、クラシックマも前向きで積極的な生き方をしなさい、と故人に語りかけられているようで、少しずつ気力を取り戻しつつあるように感じています。

時が経つというのは萎えた心の回復には最も良い薬なのかもしれません。

このような状態の中でも「クラシック倶楽部」を聴くことはありましたが、5月14日に放送された「タリス・スコラーズ演奏会」ではルネッサンス時代の教会音楽で美しいアカペラの旋律が終始流れて、心を浄化してくれるようでした。

また、翌日の西宮・夙川カトリック教会における「バロック・アンサンブルの響き」では、ヘンデルの「メサイア」やバッハの「イエスはわが喜び」などが演奏され、悲しい気持ちを勇気づけられるような感覚を覚えました。

宗教的な立場はどうであれ、教会音楽というのは何世紀も前から凄いパワーを人々に与え続けてきているということを実感しました。

本日は「回顧2」というタイトルで始めましたが、私、クラシックマの身辺の出来事に終始してしまって申し訳ありません。

このブログを始めて3か月余になりましたが、本当にたくさんのアーティストと出会うことができました。

そして、多くのアーティストたちが厳しいオーディションに挑んで、栄光の座に立ち、そこを起点としてデビューし、音楽界で認められるように研鑽を積んでいく姿を見てきたような気がします。

また、このようなアーティストが10年、20年と演奏活動を続け、作曲家やその作品に対する理解を深めて、円熟期に達した演奏の素晴らしさにも触れることができました。

特に印象的だったのは、ピアニストではショパンのバラードを第1番から第4番まで聴衆の拍手を静止して弾き続け、自分の人生と重ね合わせるように聴かせてくれたウラディーミル・フェルツマンの演奏ではなかったかと思います。

また、小山実稚恵がスクリャービンという作曲家を取り上げて、その前半生と後半生の作風の変貌について見事に演奏表現によって説明してくれたことも印象深いものでした。

3か月間の後半では、特に円熟期に達したピアニストが取り上げられることが多く、ジャン・マルク・ルイサダの作曲家の作品を越えて自分の世界を作り出す演奏や、野平一郎がヤマハのコンサートピアノで“魂の入ったピアノの音色”を聴かせてくれた演奏、また仲道郁代が自ら口ずさみながら楽しく聴かせてくれたエロイカ変奏曲など、ここには書き切れないほど個性的で音楽性に富んだ円熟期のアーティストが登場しました。

一方、若手のピアニストでは、アリス・紗良・オットが異色で、恐るべき天分を持った演奏を聴かせ、これからもっと音楽体験を積んでいって成長するアーティストの一人であると感じさせました。

なおこの間、バイオリニストはあまり取り上げられなかったのですが、ギル・シャハムはモーツアルトのバイオリン・ソナタを1曲演奏しただけで聴衆を虜にしてしまうような深い音楽性を持っていたように思います。

また、若手バイオリニストでは前半にも登場したアリーナ・イブラギモヴァがバッハの無伴奏バイオリン・パルティータ第2番を現代弓を使いながら、あたかもバロック弓のように弦に弓を密着させて弾き通したテクニックの凄さが印象に残っています。

アンサンブルもたくさん取り上げられていて、どれも楽しい演奏を聴かせてくれましたが、ハーピストの吉野直子が企画したハープ五重奏の世界は、素晴らしい物語を表現していたアンサンブルだったと思います。

また、フルートの名手ウォルフガング・シュルツの率いるウィーン・フィルハーモニア弦楽三重奏団やトランペットの名手イーゴリ・シャラポフを中心としたロシアン・ブラスの演奏は、まさに名人芸がそこにあって驚かされるとともに非常に楽しいアンサンブルでした。

このように書いていくとキリはありませんが、NHKの「クラシック倶楽部」はわずか1時間弱という時間制限の中で、視聴者に多くの音楽体験を与えている番組だと改めて感じてしまいます。

私、クラシックマは落ち込んだ気持から立ち直って、これからも素晴らしいアーティストとの出会いを楽しみながら、また「クラシック倶楽部を楽しむ」という拙いブログを書き続けていきたいと思っています。

このブログにお立ち寄りいただく皆さん、本当にありがとうございます。そして、今後ともよろしくお願いいたします。

                     管理人 クラシックマ
posted by クラシックマ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

「クラシック倶楽部を楽しむ」回顧1

「クラシック倶楽部を楽しむ」 回顧1

[BShi 3月11日放送分]のクラシック倶楽部は、特別番組(ゴルフの中継)で休止になっていました。

ちょうど良い機会なので、今年の2月5日にこのブログを開設してから約1か月間の回顧などをしておきたいと思います。

さて、このブログの管理人は、クラシック音楽を専門に勉強してきたわけでもなく、特別にクラシック音楽のレコードやCDなどにこだわって集めてきたこともない、NHKBShiの「クラシック倶楽部」(朝6時からの放映分)を毎日楽しく見ているごく平凡な一人の視聴者です。

その視聴者の一人が、ある日急に思い立って、クラシック倶楽部に登場してくるアーティストの演奏について感じたことなどを書き留めておこうと決心したのです。

それだけでなく、今までに全く経験のなかったインターネットという媒体を介して情報発信も試みようと思ったのですから驚きです。

このような状況で、開設されたブログが「クラシック倶楽部を楽しむ」なのです。

ですから、書いていることは、あくまでも素人視線によるものです。

この1か月間ほど「クラシック倶楽部」を視聴していて、強く感じることは、画面の向こう側は“プロフェッショナルの世界である”ということです。

きっと、クラシック倶楽部の映像の裏には、計り知れない厳しい訓練の積み重ねがあって、世界の数々のオーディションに挑戦し、その関門を突破した後には、マネージャーやプロダクションなどが世界中を飛び回わらなければならない事情や背景があるのでしょう。

約1か月間ブログを書き続けて、私がそのようなプロの世界について知らないまま、アーティストの演奏に対して不満を持ってしまったことが随分ありました。

例をあげれば、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭2007にソリストとして参加していたチェロのアレクサンドル・クニャーゼフとピアノのボリス・ベレゾフスキーではないかと思います。

彼らは、ドミートリ・リスの指揮するウラル・フィルハーモニー管弦楽団と協演したのですが、演奏の部類としてはどちらかと言えば失敗だったと思います。

聴く側にとっては期待が大きかっただけに、大きな不満が残りました。

しかし、後でよく考えると、これらの演奏がラ・フォル・ジュルネ音楽祭という大括弧で括られていたことを見落としてはいけないと思えるのです。

音楽祭中に、殆ど毎日のように新しいプログラムで出ずっぱりになっているウラル・フィルが、ソリストと十分にリハーサルや打ち合わせをできる筈はなかったのではないでしょうか。

そのような、舞台裏のことを考えれば、逆にクニャーゼフもベレゾフスキーも、ぶっつけ本番に近い演奏環境のもとでトラブルを克服しながら弾き切ったのはさすがにプロだと言えます。

でも、素人の視聴者としては、これからこのようなことがあった場合には、やはり不満だと言わせていただくつもりでいます。

また、わずか1ヶ月間ですが、若手の才能あるアーティストがたくさん登場しました。

最も印象に残っているのは、ギターの大萩康司とデュオ・リサイタルをしたチェロの趙静とピアノの中野翔太だったと思います。

趙静の明るく軽やかなチェロの音色と豊かな音楽性は聴く者を本当に楽しませてくれました。

また、中野翔太のピアノは若々しく挑戦的であり、未知数をたくさん持っているように感じました。

中野には、世界で通用するピアニストになっていくことに期待を寄せたいと思います。

そして、何と言っても、クラシック倶楽部の楽しいところは、思いもよらぬ企画ものに出会えることでしょう。

フランソワ・ブランシェ製作(1765年製)のチェンバロの演奏には感動しました。

中野振一郎が製作されて250年も経っているチェンバロで「スキタイ人の行進」を激しく弾く様はとても印象的で旋律がいつまでも耳に残りました。

そして、「向山佳絵子と仲間たち」では、集まった8人のアーティストたちがそれぞれに楽器を介しておしゃべりをしていたようで、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

また、比叡山延暦寺の自然と幽玄な世界で村治佳織が演奏したギターの旋律と音色はどこまでも澄んでいて、周囲の大木の中にまで深く浸み込んでいくようで、聴く者の心に深く共鳴を与えるものでした。

このように書いていくとキリはありませんが、わずか1か月という時間の中で、クラシック倶楽部から得られた感動ははかり知れません。

私の拙い文章ではとても伝えきれないものですが、これからも「クラシック倶楽部を楽しむ」というブログを書き続けていきたいと思っています。

時々、このブログにお立ち寄りいただいている皆さん、本当にありがとうございます。
そして、今後ともよろしくお願いいたします。

管理人 クラシックマ
posted by クラシックマ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。